読み込んでいます

いが栗

不明1860/1867

紀尾井アートギャラリー・江戸の伊勢型紙美術館

紀尾井アートギャラリー・江戸の伊勢型紙美術館

栗は縄文時代には主食であり、青森県・三大丸山遺跡から出土されたDNAからこの時代から既に本種として栽培されていたtことがわかった。今では、自生、栽培を含め日本全土に分布し、柿と並んで、馴染みの深い秋の風物になっている。『猿蟹合戦』には、栗や柿が重要な役目をはたしている。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: いが栗
  • 作成者: 不明
  • 日付: 1860/1867
  • タイプ: 型紙

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール