読み込んでいます

三彩鴨形容器

不詳

公益財団法人 東京富士美術館

公益財団法人 東京富士美術館

鳥の形の三彩で、とくに多いのは鴨である。背が繰り抜かれ、容器の形に作られている。静嘉堂美術館蔵の三彩鴨形容器がその代表で、この鴨も水鳥の優美な形を器に取り入れている。実際には、竹でこのような形のバスケットが作られていたのかもしれない。型作りで、胴で2つの型を合わせている。褐釉の地に緑釉、白釉、褐釉を流し掛けしている。

一部のみ表示もっと見る

詳細

おすすめ

Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール