読み込んでいます

両都芸妓図 江戸

歌川広重安政(1854~60)中期

那珂川町馬頭広重美術館

那珂川町馬頭広重美術館

絣の着物を着、帯を垂らして結び、髪を島田髷に結った江戸の芸妓。京の芸妓と比べて、江戸の芸妓はこざっぱりとした印象を受ける。双幅共に無背景の画面に全体像を配し、両美人の艶やかさが浮かび上がる。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 両都芸妓図 江戸
  • 作成者: 歌川広重
  • 日付: 安政(1854~60)中期
  • 実際のサイズ: w34.5 x h99.2 cm
  • タイプ: 絹本着色

おすすめ

Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール