読み込んでいます

牛は古来より豊穣祈願の対象として神聖な生き物とされ、特に雌牛は出産、繁殖、生育などの信仰の対象になっていることが多い。本作品もその習俗が扱われ、やがて生まれてくる子が豊かな乳を得られるよう、祈りを捧げる女性の姿が表されている。牛の胴につけられた朱の手形はインドでみられる左手の型をもって祈願する風習にならったものだが、ここでは作者の創作意図により、右手の型が印されている。

詳細

  • タイトル: 乳の願い
  • 作成者: 堂本印象
  • 日付: 1924
  • 実際のサイズ: w338.5 x h187.5 cm
  • タイプ: 絹本着色

アプリをインストール

美術館を探索し、Art Transfer、Pocket Gallery、Art Selfie などで芸術作品をお楽しみいただけます

おすすめ

Google アプリ