読み込んでいます

印籠 《秋草狸図印籠》 清水三年坂美術館蔵

加納夏雄 (1828-1898) 他 写真: 木村羊一

立命館大学アート・リサーチセンター

立命館大学アート・リサーチセンター

趣向をこらした印籠は、蒔絵に彩られたものが最も多いのですが、その他の素材、技法で作られたものも存在します。例えばこちらは大変珍しいのですが、京金工の名工、加納夏雄(1828~1898)による「金工」の印籠です。さまざまな金属が象嵌され、金工による根付と小締が付けられています。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 印籠 《秋草狸図印籠》 清水三年坂美術館蔵
  • 作成者: 加納夏雄 (1828-1898) 他 写真: 木村羊一
  • 出典: 清水三年坂美術館
  • 権利: © 清水三年坂美術館

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール