読み込んでいます

名所江戸百景 目黒新冨士

歌川広重1857

静岡市東海道広重美術館

静岡市東海道広重美術館

左手の新富士とよばれた富士塚は、富士講(富士信仰の集団)の人たちが富士山を模して築いたものです。の中腹には、富士講の指導者・食行身禄(じきぎょう みろく)を祀った小烏帽子の石と祠が建てられていました。付近にもう一つ富士塚があったので、後のものを「新富士」と呼び区別していました。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 名所江戸百景 目黒新冨士
  • 作成者: 歌川広重
  • 日付: 1857

おすすめ

Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール