読み込んでいます

土手耳鋤残鐔 (裏面)

3代志水甚五ヵ 1691/1777

立花家史料館

立花家史料館

作風から志水派3代・甚五(じんご)永(なが)次(つぐ)(1691~1777)作とみられます。3代甚五永次は、艶のある鉄を用いた真鍮象嵌鐔を得意としました。独自の大胆なデザインをほどこした個性豊かな作品が多く残されており、名工として知られています。志水派は代々八代に居住して甚五(吾)を名乗ります。本品は、志水派3代の作と思われる貴重な在銘作品です。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 土手耳鋤残鐔 (裏面)
  • 作成者: 3代志水甚五ヵ 
  • 作成日: 1691/1777
  • 来歴: 出田コレクション
  • 公開者: 熊本県立美術館

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール