迎賓館羽衣の間は能の謡曲『羽衣』の景趣を描いた大絵図が天井に描かれていることに由来しています。
Tilt Brushの3Dブラシで当初描かれなかった天女の姿をパズルを埋めるような形で現代のフランス人画家Atmaが描きます。
電子音楽家・原摩利彦と能笛演奏者栗林祐輔とのコラボレーションをご覧ください。

詳細

  • タイトル: 天人
  • 作成者: 作品: アトマ、 音楽:原摩利彦、 能笛: 栗林祐輔、 アドバイス協力:原瑠璃彦、 編集:atali
  • 作成日: 2018
  • 出典: Look at this 360degree artwork (Poly)

アプリをインストール

美術館を探索し、Art Transfer、Pocket Gallery、Art Selfie などで芸術作品をお楽しみいただけます

Google アプリ