読み込んでいます

奈良墨 《手練り》

立命館大学アート・リサーチセンター

立命館大学アート・リサーチセンター

墨作りは、機械化できる行程が少なく、経験ゆたかな職人による、昔ながらの製法によって作られています。採取した煤を、湯煎した膠の液と混ぜて粗練りし、墨玉と呼ばれる状態にします。この墨玉に体重をかけてしっかりと練り合わせる「足練り」、さらに手で細かく練り上げる「手練り」を行います。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 奈良墨 《手練り》
  • 作成場所: 奈良県
  • 件名キーワード: 煤、 モノクロ、 習字、 水墨画、 書道
  • タイプ: 文房具
  • 権利: © 奈良製墨組合

おすすめ

Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール