読み込んでいます

山中漆器 《棗》

立命館大学アート・リサーチセンター

立命館大学アート・リサーチセンター

豪華な蒔絵がほどこされた棗です。蒔絵とは漆器製造の最終工程にある加飾技術で、まず漆で文様を描きその漆が乾かないうちに金粉や銀粉その他の金属粉等を文様の上に蒔いて付着させる技術を言います。現在では茶道具を中心として高蒔絵、平粉蒔絵、研出蒔絵との高度で多様な技法が用いられています。

一部のみ表示もっと見る

詳細

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール