読み込んでいます

有田焼 《技法  成形》

今右衛門窯、撮影:梶原敏英

京都女子大学 生活デザイン研究所

京都女子大学 生活デザイン研究所

「有田焼のつくり方」

成形

有田では磁器の成形は「細工」と呼ばれ、細工場で細工人によって行われます。水を含んだ粘土を器の形に引き上げるロクロ成形、必要であれば型への打ち込み(型打ち)、高台や器表面の削り仕上げなど、いくつもの細かな工程を経て、成形が完成します。削りの際は頻繁に鉄カンナを研ぎながら、ていねいに削っていきます。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 有田焼 《技法  成形》
  • 作成者: 今右衛門窯、 撮影:梶原敏英
  • 権利: © 今右衛門窯

おすすめ

Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール