読み込んでいます

東海道五拾三次之内 原 朝之冨士

歌川広重ca.1833

那珂川町馬頭広重美術館

那珂川町馬頭広重美術館

従者を連れた二人の女が朝焼けの富士山を振り返って眺めている。富士山の頂上があまりに高いので画面からはみ出している。右のごつごつした山は愛鷹山。湿地帯には二羽の丹頂鶴が越冬のためにこの地で羽を休めている。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 東海道五拾三次之内 原 朝之冨士
  • 作成者: 歌川広重
  • 日付: ca.1833
  • 実際のサイズ: w37.6 x h24 cm
  • タイプ: 版画

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール