読み込んでいます

東海道五拾三次之内 日本橋 朝の景

歌川広重ca.1833

那珂川町馬頭広重美術館

那珂川町馬頭広重美術館

日本橋は五街道の起点である。図は橋の南側の木戸から正面を捉えている。参勤交代で国元に帰る大名行列が橋を渡るところだ。左側の高札場は、石垣の上にあり、周囲は木の格子で囲まれ、その上に屋根がついている。ここには幕府の法令、政策、道徳などが書かれた高札が常に7~8枚掲げられていた。南詰には犬が2匹見えるが、この奥は罪人の晒し場だった。橋の北詰には日本一威勢のいい魚河岸があった。行商人が天秤棒の両端に江戸前で獲れた鮮魚をたらいに入れ、得意先へと急いでいる。橋の欄干には擬宝珠が付けられ橋の格式を表している。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 東海道五拾三次之内 日本橋 朝の景
  • 作成者: 歌川広重
  • 日付: ca.1833
  • 実際のサイズ: w36.2 x h24.5 cm
  • タイプ: 版画

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール