読み込んでいます

江戸近国風景 甲斐かじか沢富士川おとしの景

安田雷洲江戸時代

神戸市立博物館

神戸市立博物館

 安田雷洲(生没年不詳)は、文化から安政にかけての幕末期に活躍した洋風画家である。その作品には幾つかの銅版風景画シリーズがあり、中でもこの「江戸近国風景」は最も完成度の高いものである。湧雲がまばゆく輝く空の下、重厚に描かれた山裾や河川などが複雑に重なり合い、小画面の作品とは思えぬ雄大な眺めが展開される。その所々に人々の生活や建物が微小ながらも極めて精緻に描写されており、この作品のリアリティーを更に確固としたものにしている。このような充実した作風は従来の江漢や田善の風景画にはみられなかったものであり、ここに日本の風景を描く洋風表現が全く新たな段階に入ったことを物語る。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 江戸近国風景 甲斐かじか沢富士川おとしの景
  • 作成者: 安田雷洲
  • 日付: 江戸時代
  • 実際のサイズ: w16.1 x h9.6 cm
  • タイプ: Print
  • 外部リンク: 「江戸近国風景」の日本語情報
  • 媒体/技法: 本銅版

おすすめ

Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール