読み込んでいます

沿革・由来3

産業労働部地域産業振興課

秋田県産業労働部地域産業振興課

秋田県産業労働部地域産業振興課

天保年間(1830-44年)には会津から指物師桜田門兵衛を当地に招聘し、板物の加エ技術が飛躍的に向上した。嘉永2年(1849年)には角田東斉が会津から蒔絵技術を伝え、加飾技術も確立されてきた。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 沿革・由来3
  • 作成者: 産業労働部地域産業振興課

おすすめ

Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール