読み込んでいます

注連縄飾絵黒楽茶碗

楽焼18th century, Edo period

立花家史料館

立花家史料館

口作りは五岳になる。腰は丸く、胴でややくびれ気味になり、口縁にヘラで筋がつけられる。高台内には渦状の削り跡がある。見込には茶溜りがある。胴には緑釉で注連縄飾の絵が描かれる。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 注連縄飾絵黒楽茶碗
  • 作成者: 楽焼
  • 日付: 18th century, Edo period
  • 実際のサイズ: w口径9.3高10.0高台径4.8 x h10 cm
  • タイプ: 陶磁器

その他のアイテム

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール