読み込んでいます

灰陶加彩雲気文双耳壺

不詳

公益財団法人 東京富士美術館

公益財団法人 東京富士美術館

焼成前に文様を描いている彩陶に対し、この壺は焼いた後に施文している。土器の上に、赤、灰、紫などの絵具で、雲気文、鋸歯文などの文様を描いている。華北の戦国時代の墓にはこうした金属器、漆器を写した土器が副葬されることが多い。秦始皇帝兵馬俑も全身に彩色されていた。華南の漢墓からは加彩土器は少なく、灰釉陶器がそれに代わることが多い。

一部のみ表示もっと見る

詳細

おすすめ

Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール