読み込んでいます

猿図

森狙仙江戸時代 1787年

Nomura Art Museum

Nomura Art Museum

 当初狩野派を学んだ森狙仙(1747~1821)は後に応挙の影響を受けて、写実的な絵画を目ざして身近な動物をよく描き、とくに猿を精細に描写したことで知られる。母猿とそれにまといつく3匹の小猿を描いた本図は、人間の母子を彷彿させ、おもわずほほえみを誘われる。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 猿図
  • 日付: 江戸時代 1787年
  • 作成場所: 日本
  • painter: 森狙仙
  • 来歴: 野村文華財団
  • タイプ: 絵画

おすすめ

Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール