読み込んでいます

『真珠の耳飾りの少女』は、フェルメールの最も有名な絵画です。肖像画ではなく、「トローニー」つまり想像上の人物を描いた作品です。トローニーとはある特定のタイプに属する、あるいは特徴を持った人物を描いた絵画で、この作品の場合は、異国風のターバンを巻いて不自然なほど大きな真珠を耳に付けた、エキゾチックなドレスに身を包む少女が描かれています。
ヨハネス フェルメールは光の表現を極めた画家でした。その特徴は、柔らかく描かれた少女の顔や湿った唇に見られる光の輝き、そしてもちろん輝く真珠にも表れています。

詳細

  • タイトル: 真珠の耳飾りの少女
  • 作成者: ヨハネス・フェルメール
  • 作成日: c. 1665 (digitized by Madpixel)
  • 実際のサイズ: 44.5 x 38.1 cm
  • 来歴: ?)1674 年以前はピーテル クラースゾーン ファン ライフェン(デルフト)が所蔵。(?)1674~1681 年は彼の未亡人マーリア デ クヌーイト(デルフト)が所蔵。(?)1681~1682 年は娘のマグダレーナ ファン ライフェン、ヤコブ ディシウス夫婦(デルフト)が所蔵。(?)1682~1695 年はヤコブ ディシウス(1685~1694 年は父アブラハム ディシウスと共有、デルフト)が所蔵。1696 年 5 月 16 日、ディシウスによる競売、アムステルダム、ロット 38(f36,-)、ロット 39(f17,-)またはロット 40(f17,-)にて売却。1881 年(月日不明)、ブラームスによる競売、ハーグ、f2,30 にてデ トンブが購入。1881~1902 年まで AA デ トンブが所蔵(ハーグ、1881 年にマウリッツハイス美術館へ貸与)。1903 年にアーノルドゥス アンドリース デ トンブ(ハーグ)が寄贈
  • タイプ: 絵画
  • 外部リンク: Madpixelによってデジタル化されたギガピクセル画像
  • 媒体/技法: 油絵の具
  • さらに詳しい情報: This image is part of Second Canvas Mauritshuis app

アプリをインストール

美術館を探索し、Art Transfer、Pocket Gallery、Art Selfie などで芸術作品をお楽しみいただけます

おすすめ

Google アプリ