Gemäldegalerie, Staatliche Museen zu Berlin
真珠の首飾りの女
次で詳しく見る:
読み込んでいます

若い女性がテーブルの脇に立ち、鏡を見ながら真珠のネックレスを整えています。からは光が部屋の中に差し込んでいます。カーテンと毛皮で縁取りされた上着の黄色、そして何もない白い壁(精緻なニュアンスで塗り分けられた絵画表現の傑作です)が、濃い青色で描かれた前景によってさらに強調され、鮮やかな色を持ったこの絵の雰囲気を生み出しています。現存する絵画作品は約 35 点と少ないにもかかわらず、フェルメールは最も有名なオランダ人画家の 1 人とされています。彼は、絵の構成と表現を行ううえで重要な技法として、遠近法を用いました。本作品では消失点は机の真上にあり、主題となる人物の目の高さよりも下に位置します。それによって低い位置から見上げたような構図となっており、人物と物体がより象徴的に感じられます。フェルメールは、絵の隅に椅子を置くことで奥行きを表現し、見る者が絵の近くにいるような親密感を高めています。人々の日常生活を描いた近景は、フェルメールが好んだ作品テーマです。何もない壁を女性と鏡の間に存在させることで、注意を女性に強く引きつける効果を持たせています。オランダ絵画におけるこうしたモチーフは、ヒエロニムス ボスまでさかのぼることができます。鏡は伝統的に自尊心の象徴とされ、世俗的なもののはかなさや一時性を表しています。真珠もまた、虚栄心に関連する高価な所有物として描かれることがありました。

詳細

  • タイトル: 真珠の首飾りの女
  • 作成者: Jan Vermeer van Delft
  • 作成日: around 1662
  • 実際のサイズ: h56.1 x w47.1cm
  • タイプ: 絵画
  • 外部リンク: Gemäldegalerie, Staatliche Museen zu Berlin
  • 媒体/技法: キャンバス
  • Style: オランダ風
  • Inv. No.: 912B
  • ISIL-No.: DE-MUS-017018
  • Copyright Text: Text: © http://www.prestel.com, Prestel Verlag / Claudia Banz
  • Copyright Image: Photo: © Staatliche Museen zu Berlin, Gemäldegalerie / Image by Google
  • Collection: Gemäldegalerie, Staatliche Museen zu Berlin
  • Artist information: ヤン フェルメール ファン デルフト、または単にフェルメールは、バロック時代のオランダの風俗画家です。生前の知名度は低かったものの、今日では、光を巧みに使った表現が有名となり、最も人気のある風俗画家の 1 人として評価されています。作品は鮮やかな色彩や顔料に特徴があり、特にコーンフラワー ブルー(濃い青色)や黄色が好んで使用されています。フェルメールの作品の舞台は主に中流階級の生活を描いた室内の一場面で、作品に描き出す物の位置を正確に把握するために「カメラ オブスクラ」を使用したと言われています。絵の中に描かれる物体の反射面にも表れる、特定の光の効果や遠近法などがそれを証明していると言っていいでしょう。この説が正しいかどうかはさておき、フェルメールの作品の画面構成には、幾何学的な特徴がその根底にしばしば表れています。『牛乳を注ぐ女』(1658 年)は、その特徴が最も顕著な作品の 1 つです。
  • Artist Place of Death: デルフト(オランダ)
  • Artist Place of Birth: デルフト(オランダ)
  • Artist Gender: 男性
  • Artist Dates: 1632 - 1675
  • Acquired: 1874 Purchase with the collection of the banker B. Suermondt Aachen

アプリをインストール

美術館を探索し、Art Transfer、Pocket Gallery、Art Selfie などで芸術作品をお楽しみいただけます

おすすめ

Google アプリ