Gemäldegalerie, Staatliche Museen zu Berlin
紳士とワインを飲む女
次で詳しく見る:
読み込んでいます

エレガントな服装をした若い男が、ワインを飲む女性を見守っています。男はピッチャーを手に持ち、空になったグラスに注ぐのを待っているように見えます。フェルメールは明らかにテル ボルフの影響を受けており、「ワイン、女性、歌」という伝統的なモチーフを恋愛のテーマとして際立たせました。ボルフの絵画では紳士が女性のに腕を回していますが、フェルメールは実際の 2 人の関係をはっきりと描いてはいません。酒を進めていくうちに 2 人の関係がどのようになるのか、誰にもわかりません。絵の中で示されているのは、単なるヒントにすぎません。フェルメール作品に頻繁に登場する、椅子に置かれたキタローネ(リュートに似た弦楽器)は、調和と軽薄さの両方を象徴しています。紋章のある窓ガラスには、節制(節度)の象徴であるくつわを持つ女性も描かれています。から差し込む光が人物や物体に当たる様子を巧みに表現したフェルメールは、光と色の効果をより効果的に捉えるために「カメラ オブスクラ(ピンホール式の投影機)」を特に後期の作品で使用しています。この装置は、当時の画家たちにまったく新しい表現とデザインをもたらしたと考えられます。

詳細

  • タイトル: 紳士とワインを飲む女
  • 作成者: Jan Vermeer van Delft
  • 作成日: around 1661
  • 実際のサイズ: h67.7 x w79 cm
  • タイプ: 絵画
  • 外部リンク: Gemäldegalerie, Staatliche Museen zu Berlin
  • 媒体/技法: キャンバス
  • Style: Netherlandish
  • Inv. No.: 912C
  • ISIL-No.: DE-MUS-017018
  • Copyright Text: Text: © http://www.prestel.com, Prestel Verlag / Claudia Banz Audio: © Tonwelt / Staatliche Museen zu Berlin – Preußischer Kulturbesitz
  • Copyright Image: Photo: © Staatliche Museen zu Berlin, Gemäldegalerie / Image by Google
  • Collection: Gemäldegalerie, Staatliche Museen zu Berlin
  • Artist information: ヤン フェルメール ファン デルフト、または単にフェルメールは、バロック時代のオランダの風俗画家です。生前の知名度は低かったものの、今日では、光を巧みに使った表現が有名となり、最も人気のある風俗画家の 1 人として評価されています。作品は鮮やかな色彩や顔料に特徴があり、特にコーンフラワー ブルー(濃い青色)や黄色が好んで使用されています。フェルメールの作品の舞台は主に中流階級の生活を描いた室内の一場面で、作品に描き出す物の位置を正確に把握するために「カメラ オブスクラ」を使用したと言われています。絵の中に描かれる物体の反射面にも表れる、特定の光の効果や遠近法などがそれを証明していると言っていいでしょう。この説が正しいかどうかはさておき、フェルメールの作品の画面構成には、幾何学的な特徴がその根底にしばしば表れています。『牛乳を注ぐ女』(1658 年)は、その特徴が最も顕著な作品の 1 つです。
  • Artist Place of Death: デルフト(オランダ)
  • Artist Place of Birth: デルフト(オランダ)
  • Artist Gender: 男性
  • Artist Dates: 1632 - 1675
  • Acquired: 1901 purchase from the collection Pelham Clinton Hope Deepdene

アプリをインストール

美術館を探索し、Art Transfer、Pocket Gallery、Art Selfie などで芸術作品をお楽しみいただけます

おすすめ

Google アプリ