読み込んでいます

絹本着色 文殊菩薩像

不明南北朝時代

埼玉県立歴史と民俗の博物館

埼玉県立歴史と民俗の博物館

右手に剣、左手には蓮華(れんげ)を持つ文殊菩薩(もんじゅぼさつ)の姿を描いた。獅子(しし)の上に置かれた蓮華の台座に坐っている。衣には金箔の線で繊細な模様をあらわしている。大変優美な作品である。若々しい顔、堂々とした体や獅子は力強い。13世紀の作品。

一部のみ表示もっと見る

詳細

おすすめ

Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール