読み込んでいます

茶杓 共筒

一尾伊織17th century, Edo period

立花家史料館

立花家史料館

茶杓は、茶人が自ら削って作ることが多いため、各人の好みや特徴もその姿に反映される。この茶杓の作者、一尾伊織は、江戸時代初期の旗本で茶人。茶を細川三斎に学び、三斎流一尾派を創る。伊織は、茶杓を作ることに秀でていたと言われる。本作の姿は尋常で、筒は竹の皮をすべて削って丸く仕上げた真の筒であり、品格を感じさせる。筒には「一尾」と「一庵」の墨書銘あり。

一部のみ表示もっと見る
  • タイトル: 茶杓 共筒
  • 作成者: 一尾伊織
  • 作成日: 17th century, Edo period

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール