読み込んでいます

褐釉胡人

不詳

公益財団法人 東京富士美術館

公益財団法人 東京富士美術館

駱駝をかたどった動物や、壁画に駱駝が描かれるのは北朝時代以降である。それは鮮卑族が北朝に加わるようになったことと無関係ではない。山西省太原の楼叡墓(570年)の壁画には駱駝の群像が描かれている。この髭を蓄えた男は胡人。胡人とはソグド人で、中央アジアに源をもつ商業民族である。駱駝を運送手段に、西方の珍宝を運んだのである。この胡人も駱駝を引く御者である。身には皮のコートを羽織っている。

一部のみ表示もっと見る

詳細

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール