超解像顕微鏡で観察した神経細胞

NHKエデュケーショナル

NHKエデュケーショナル
東京, 日本

光学顕微鏡の限界を越えた分解能をもつ「超解像顕微鏡」で神経細胞を観察する。
神経細胞の先端では、アクチンと呼ばれる繊維が周りに拡がり、そのあとに赤色で表された微小管が伸びてくる。
ナノメートル単位の微細構造を可視化して、神経細胞が広がるメカニズムがみえた。

一部のみ表示もっと見る
  • タイトル: 超解像顕微鏡で観察した神経細胞
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール