読み込んでいます

越後上布《染色》撮影協力:瀧右衛門 本田織物工場

京都女子大学 生活デザイン研究所

京都女子大学 生活デザイン研究所
京都市, 日本

現在の文化財越後上の染めは、ほとんど化学染料によって行われています。しかし、藍などの天然染料を一部に使うこともあります。近世の越後上布の多くは、藍染、もしくは白く晒したものでした。藍を除く一般的な天然染料では、色の定着と発色が悪く、高温の染料と、色を定着させるための高アルカリ性の媒染剤に繰り返し何度も浸けなければなりません。手で績んだ糸は痛みやすいため、簡単に染めることのできる藍以外の色は避けられたのです。

一部のみ表示もっと見る
  • タイトル: 越後上布《染色》撮影協力:瀧右衛門 本田織物工場
  • 件名キーワード: 越後上
  • タイプ: 染織、 着物
  • 権利: 写真:© 瀧右衛門 本田織物工場(南魚沼市)
  • 媒体/技法: 手織

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール