読み込んでいます

金華山茶入

不詳16th-17th century, Momoyama-Edo period

立花家史料館

立花家史料館
福岡県, 日本

大振りで堂々とした茶入。糸切で底面のみ露地を見せる。金華山手とは瀬戸窯の一部類であり、『茶器弁玉集』には「奥州金山の地色を喩えていう銘である」と述べられ、土が薄色で堅いこと、糸切りが見事なこと、口造り捻り返しがよいことなどが特徴とされる。本作にもそのような傾向が見られ金華山手と伝わってきたが、轆轤は左回りであり、通常は右回りの瀬戸とは異なることが指摘されている。

一部のみ表示もっと見る
  • タイトル: 金華山茶入
  • 作成者: 不詳
  • 作成日: 16th-17th century, Momoyama-Edo period
  • 作成場所: 愛知県瀬戸市
  • 実際のサイズ: 高1.4cm, 口径8.4cm, 底径5.1cm, 重255g
  • タイプ: 陶磁器

その他のアイテム

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール