読み込んでいます

鉄釉獅子香炉

不詳17th century, Edo period

立花家史料館

立花家史料館
福岡県, 日本

京都留守居役の富士谷家から、側用人を務めた幸丸家を経て立花家に伝来。きめの細かい粘り気のある土で獅子を形作り、毛並みや尾の部分を細かく陰刻し、実に丁寧で変化に富んだ作行である。裾と底面以外に鉄釉を施す。瀬戸焼と伝わる、立花家中での香炉の名品。

一部のみ表示もっと見る
  • タイトル: 鉄釉獅子香炉
  • 作成者: 不詳
  • 作成日: 17th century, Edo period
  • 作成場所: 愛知県瀬戸市
  • 実際のサイズ: 総高: 11.0 cm 縦: 6.9 cm 横: 10.2 cm 口径: 2.4 x 3.3 cm 底径: 5.0 x 6.5 cm
  • タイプ: 陶磁器
  • 外部リンク: http://www.tachibana-museum.jp/collection/tea02.html

その他のアイテム

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール