読み込んでいます

雨龍透鐔 (裏面)

2代神吉深信1786/1851

立花家史料館

立花家史料館
福岡県, 日本

神吉派の初代・神吉正忠は、藩主の命により林派3代・藤八から技術を相伝しました。本品は、作風から神吉派の2代・深信(1786ヵ〜1851)の作とみられます。鉄地撫角形に、透かし彫りで龍をあらわしたもので、「神吉」と銘が刻まれます。深信は残された作品も多く、優れた造形感覚と技術の持ち主であったとされ、本品も抽象的な龍の造形がユニークな作品です。

一部のみ表示もっと見る
  • タイトル: 雨龍透鐔 (裏面)
  • 作成者: 2代神吉深信
  • 作成日: 1786/1851
  • 権利: 平塚コレクション/熊本県立美術館

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール