読み込んでいます

黒樂茶碗 関山月

2004

佐川美術館

佐川美術館
守山市, 日本

「関山月」とは李白の「關山月」より取られた。「明月天山に出づ 蒼茫たり雲海の間」。手捏ねという樂茶碗の基本的な造形要素を強く打ち出す手法を用いている。口辺は山道状に起伏をつけている。総体に化粧掛けした黄土を筆で掛け外し、胎土の白土による逆さの山々の絵が浮かび上がるように描いている。また見込みをはじめ茶碗の腰から削り出し高台にかけてたっぷりと黒釉を施している。それはまるで、見渡す限りほの暗く広い雲海に映りこんだ、月に照らされた山々を表しているようである。「破の守」シリーズの1点。

一部のみ表示もっと見る

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール