読み込んでいます

黒薩摩《黒千代香(くろぢょか)》指宿長太郎窯蔵

有山禮石

京都女子大学 生活デザイン研究所

京都女子大学 生活デザイン研究所
京都市, 日本

黒薩摩を代表する器に、「茶家」(ちょか)があります。茶家とは土瓶を意味する、鹿児島の方言です。「千代香」「猪牙」といった漢字を当てることもあります。現代では、焼酎に燗をつける風流な器として「黒茶家」が知られており、胴がぐっと張った、そろばん玉のような形をしたものが主流です。しかし、この形になったのは昭和に入ってからのことで、江戸時代は丸みのある形が一般的でした。

一部のみ表示もっと見る
  • タイトル: 黒薩摩《黒千代香(くろぢょか)》指宿長太郎窯蔵
  • 作成者: 有山禮石
  • 場所: 指宿長太郎窯
  • タイプ: 陶磁器、 陶器
  • 権利: © 有山禮石

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール