Loading

Incence case, Design of plam blossoms

Kenzan wareEdo period, 18th century

Nomura Museum of Art

Nomura Museum of Art

 身・蓋ともに面取された器胎を白化粧し、その上から茶色の釉薬をかけ、その上から梅の枝八本を鉄釉で筆太に描き、梅の花二輪と無数のつぼみを白釉で載せている。枝が真っ直ぐに立っていることからの名称であろう。底は全面をベンガラで塗り、鉄釉で大きく「乾山」と書く。『形物香合相撲番付』頭取にあげられている。

Show lessRead more

Details

  • Title: Incence case, Design of plam blossoms
  • Creator: Kenzan ware
  • Date: Edo period, 18th century
  • Location Created: Japan
  • Provenance: Nomura Bunka Zaidan
  • Type: ceramics

Recommended

Home
Explore
Nearby
Profile