Loading

Incence case, Shape of an eggplant

Jingdezhen wareMing Dynasty, 17th century, China

Nomura Museum of Art

Nomura Museum of Art

 『形物香合相撲番付』の西三段目にあげられている。賀茂茄子のような膨らみのある器胎の表面に、亀甲文や万字繋ぎ文など様々な紋様が丸窓の中に描かれている。地の色は極めて白く、藍の色はきれいに発色している。『形物香合相撲番付』にあげられている「祥瑞蜜柑」や「祥瑞立瓜」の微細な絵付とは異なり、白地の部分が多く、一段と藍色をきわだたせている。

Show lessRead more

Details

  • Title: Incence case, Shape of an eggplant
  • Creator: Jingdezhen ware
  • Date: Ming Dynasty, 17th century, China
  • Location Created: China (Ming Dynasty)
  • Provenance: Nomura Bunka Zaidan
  • Type: ceramics

Recommended

Home
Explore
Nearby
Profile