Loading

Incense case, Design of a grasshopper in Makie

Hara YohyuhsaiEdo period, 19th century

Nomura Museum of Art

Nomura Museum of Art

 画面いっぱいに足をふんばり、触覚をピンとあげたキリギリスの図柄は、木挽町狩野六代伊川院栄信の下絵による。蒔絵をほどこした原羊遊斎(1772~1845)は一世を風靡した漆工で、松平不昧に招かれて棗や香合など多くの茶道具を制作した。
 外箱には羊遊斎の弟子の中山胡民が、素性法師の「きりぎりすすたくな鳴そ秋の夜のながきおもひはわれぞまされる」の歌を書き付けている。

Show lessRead more

Details

  • Title: Incense case, Design of a grasshopper in Makie
  • Date: Edo period, 19th century
  • Location Created: Japan
  • lacquer craftsman: Hara Yohyuhsai
  • Provenance: Nomura Bunka Zaidan
  • Type: lacqure ware

Recommended

Home
Explore
Nearby
Profile