Loading

Living Still Life [Naturaleza viva]

Maria Izquierdo1947

Nagoya City Art Museum

Nagoya City Art Museum

マリア・イスキエルドは、フリーダ・カーロらと共にメキシコを代表する女性画家たちの一人である。彼女は、日常的な事物を描くことによって想像力に溢れたメキシコ的な作品を作り出した。インディオを両親に持つ彼女の作品は、1936年にメキシコを訪れた詩人アントナン・アルトーによって「真にインディオ的なインスピレーションを発散している。」と賞賛された。
 この作品では、赤茶けた風景の前景に、果物やグラスなどを載せたテーブルが配されている。背景には全く人気がなく、静けさが漂っている。しかし、遠近法が歪められたこの背景は、見る人の視線を様々な方向に向けさせる、浮遊感のある空間となっている。一方、手前に置かれた静物は、落ち着いた佇まいを見せている。美しい色彩で描かれた果物はどれも瑞々しく、輝きに満ちている。
 イスキエルドは、フランス語やスペイン語で「死んだ自然」という言葉で表現される「静物」を「生きた自然」と名付けている。この作品では、静かな背景と瑞々しい果物の組み合わせによって静物の中に宿る生命が強調されているという印象を受ける。ここで静物はまさに「生きた自然」として表現され、画面にはイスキエルドらしい不思議な空気が漂っている。作品につけられた《生きている静物》というタイトルは、そのような雰囲気を端的に表現しており、シュルレアリスムの影響を受けたイスキエルドの摩訶不思議な世界を画面と共に演出している。
(出展:名古屋市美術館展示解説カード)

Show lessRead more
  • Title: Living Still Life [Naturaleza viva]
  • Creator: Maria Izquierdo
  • Date Created: 1947
  • Location: Mexico
  • Physical Dimensions: 80.3×99.7�pm
  • Provenance: Purchased in 1998
  • Type: Painting
  • Rights: Nagoya City Art Museum
  • Medium: Oil on canvas

Recommended

Home
Explore
Nearby
Profile