Loading

San-no-Miya

C.B.Bernard1878

Kobe City Museum

Kobe City Museum

 バーナード(Charles Burton Bernard 1853-1947)はイギリスのサマーセット州ラングポートで生まれ、ロンドンで育った。明治8年(1875)に商社の茶部門担当者として横浜に来航。同16年に独立し、日本茶の輸出を手がけて成功をおさめた。外国人たちの社交クラブや劇場の運営に貢献し、風刺漫画雑誌『ジャパン・パンチ』で知られる画家のチャールズ・ワーグマンとも親交を結んだ。
 当館は、居留地とその周辺の風景を描いたバーナードの水彩画を、合わせて5点収蔵している。直筆(じきひつ)で「1878」と記したものが4点、「1877」が1点である。これらの年は、バーナードが神戸居留地26番のブラウン商会につとめていた時期とほぼ重なることなどから、史料的な価値も高い。バーナードは戦時中も日本に留まり、昭和22年(1947)4月に93才で死去。千代夫人とともに横浜外国人墓地に眠る。

Show lessRead more

Recommended

Home
Explore
Nearby
Profile