Loading

Tea bowl, Design of rough-waves and fishes

Satsuma wareEdo period, 18th century

Nomura Museum of Art

Nomura Museum of Art
Kyoto, Japan

 薩摩焼は、慶長3年(1598)に島津義弘に従って帰化した朝鮮の陶工金海らによって、鹿児島付近に窯が築かれて始まったとされる。この茶碗はきめの細かい土に畳付を残して白釉をかけ、その上に荒磯文を描く。魚体や飛び散る波沫などに金泥を惜しみなく使っている。高台は四角で、その廻りに朱・青・緑・紺の釉薬で宝相華文をめぐらせている。 江戸中期に竪野系の窯で作られたものであろう。

Details

  • Title: Tea bowl, Design of rough-waves and fishes
  • Creator: Satsuma ware
  • Date: Edo period, 18th century
  • Location Created: Japan
  • Provenance: Nomura Bunka Zaidan
  • Type: ceramics

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps