Loading

Tools and Materials for Making Armors

Used by Tanaka GenkoEdo Period(late18th-early 19th century)

Fukuoka City Museum

Fukuoka City Museum

城下町福岡が建設される際に、多くの職人が移住してきたなかで、甲冑職人として有名なのは慶長(けいちょう)9(1604)年に長政が京都から招いた岩井(いわい)氏である。6代藩主黒田継高(つぐたか)(1731~1781)のころ、岩井氏の中から定増(さだます)(源工)が分かれ田中氏を名乗った。定増は「御神器(ごしんき)」と呼ばれた長政の甲冑や、歴代藩主の甲冑修理に携わり、その子定勝(さだかつ)(厳)も10代斉清(なりきよ)、11代長溥(ながひろ)の甲胃の新製に携わった。それらの功で、最終的には藩のお抱え具足師として8石4人扶持を与えられている。資料として残っているのは甲胃製作のための様々な道具(竹製つまみ、のりへら、小万、坩堝(るつぼ))、革や金属製の小札(こざね)、威(おどし)糸、鎖、蝶番(ちょうつがい)、各種の革、博多織で作られた様々な布や模様の染められた革の一部、兜や具足の様々な型紙部分や雛型(ひながた)などが残されている。なかには藩主分修理の際の物も多い。この他、古文書類としては甲冑の注文を多数の家臣から受けた証文や覚類、製作のための材料発注関係の書状等が多数あり、あわせて具足師団中家資料となっている。
【ID Number1986P00396-402】参考文献:『福岡市博物館名品図録』

Show lessRead more

Details

  • Title: Tools and Materials for Making Armors
  • Creator: Used by Tanaka Genko
  • Date: Edo Period(late18th-early 19th century)
  • Physical Dimensions: w19 x h19 cm(Maximam)
  • Type: Articles for everyday use
  • External Link: http://museum.city.fukuoka.jp/

Recommended

Translate with Google
Home
Explore
Nearby
Profile