Loading

Wine Jar with Design of Fish and Water plants, Blue and White

Jing-de-zhen Ware

Tokyo Fuji Art Museum

Tokyo Fuji Art Museum
Tokyo, Japan

胴部が大きく張り、頸部が短く直立する酒会壺。口縁には銅の覆輪がかけられている。本来は蓋を伴う。白磁にコバルトを呈色剤とする顔料で文様を施文する青花は、元時代後期の景徳鎮窯で始まる。本作品はこのタイプの壺の典型的な文様配置で、口頸部に波濤文、肩部に牡丹唐草文、胴部に魚藻文、四方襷文を挟んで裾部にラマ式蓮弁文が描かれている。イギリスの陶磁研究者、ハリー・ガーナー卿の旧蔵品。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps