社会保障

社会保障は、個人的リスクである生活上の諸問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会が所得移転によって所得を保障し、医療や介護などの社会的サービスを給付すること。社会保障制度は社会保障のための制度を指す。
社会保障という言葉は社会福祉と同義で使われることも多いが、公的には、社会福祉の他に公衆衛生をも含む、より広い概念である。
社会保障の有無や程度は国によって差が大きく、世界人口の53%、約40億人は社会保障がない状態に置かれている。社会保障制度がある国においてその目的は多くの国で共通するが、言葉の意味するところは国によって異なる。たとえばイギリスでは、Social Securityは経済的保障のみを指す。国際労働機関や欧州連合などではSocial Securityに代えてSocial Protectionという言葉も用い、経済協力開発機構の統計ではSocial Expenditureの概念を採用するなど、国際比較や統計処理のために様々な分類を行っている。
その財源については、一般税収を原資とする方式と、労使で保険料を拠出する方式に分かれる。後者については社会保険制度とも呼ばれる。
一部のみ表示もっと見る
ウィキペディア
Google アプリ