明治時代の有田焼

立花家史料館

旧立花伯爵家の明治有田焼コレクション

明治時代の日本における洋風化
明治維新を経て、西洋の科学技術や文化の流入と受容にともない、西洋の生活習慣を積極的に取り入れた、明治時代の日本の上流社会が誕生する。身近な衣食住では、洋装に断髪、靴を履く生活が始まり、獣肉や乳製品の禁忌が解かれるし、木造建築に代わって石や煉瓦造りの西洋館が建てられる。これまでの、比較的簡素な日常生活の「和」に、早急で侵略的にもたらされた「洋風化」の波は、多少のとまどいはあったとしても、おおらかに受け入れられたようだ。日本家屋と高層建築が軒を連ね、時に不協和音は奏でているが、これも次第に日常的な日本の風景として見てしまう現代生活と似たようなものだろうか。

色絵雲龍文大花  
立花家の西洋館の調度としてしつらえたものと考えたが、西洋館の竣工になる明治43年と大花瓶の製作年代が大幅にずれるため、明治10年前後、あるいはそれ以降に立花家所蔵となったものであろう。「旧柳河藩立花家文書」の中に、佐賀県在住の柳川出身者が寄贈した「花瓶の献上目録」なる興味深い記録があったが、残念ながら年代不詳であり、文様等の表記がないため、この大花瓶一対に対応するものかは不明である。

色絵雲龍文大花  (高台内)
立花家の西洋館の調度としてしつらえたものと考えたが、西洋館の竣工になる明治43年と大花瓶の製作年代が大幅にずれるため、明治10年前後、あるいはそれ以降に立花家所蔵となったものであろう。「旧柳河藩立花家文書」の中に、佐賀県在住の柳川出身者が寄贈した「花瓶の献上目録」なる興味深い記録があったが、残念ながら年代不詳であり、文様等の表記がないため、この大花瓶一対に対応するものかは不明である。

染付金彩祇園守紋入砂糖壺
明治43年(1910)の立花家の西洋館竣工にあわせて注文されたもので、正餐のテーブルを離れて、書斎や遊戯室で供されるティーセットであろう。
 ティーポット、砂糖壺、ティーカップ・ソーサー、パン皿の4種31個が残る。いずれも高台内、ティーポットは蓋裏に染付で深川製磁の商標である「富士山に流水」のマークが入る。

染付金彩祇園守紋入ティーカップ&ソーサー
ティーカップ納品当時の箱には「御定紋入金瓔珞(ようらく)絵 紅茶々碗 一打 三打ノ内」(蓋表墨書)、「肥前有田窯 宮内省御用達 深川製磁謹製(朱変印 深川製)」(蓋裏墨書)とあり、ティーカップは3ダース36客が注文され納められたことがわかる。
デザインは、縁を飾る金彩の瓔珞文に空色に近い明るい呉須(酸化コバルト)で「柳川守り」の定紋を入れ、金彩で輪郭線を引いたモダンな感覚の一揃いである。古伊万里の古典的な瓔珞文は、花弁のような金彩の線描の中に葉団扇(はうちわ)風の扇文と剣先風の文様で交互にうめられている。白地に金と明るい青の組み合わせは、品格があり、かつ清々しい。

染付藤文ディナーセット
西洋館竣工の明治43年(1910)にあわせて注文された、宴席を飾るディナーセット一揃いである。二一種一八二個の一揃いが残り、同じく藤文だが絵変わりの一種一組(蓋付ソース入れ・受け皿の一組 この器のみ御紋なし)が加わり、すべての器に香蘭社製を記す「蘭マーク」が染付で入る。

染付藤文ソース鉢
明治時代
有田 香蘭社

染付藤文ソース入れと受け皿
明治時代
有田 香蘭社

染付藤文チュリーン
明治時代
有田 香蘭社

染付藤文コンポート
明治時代
有田 香蘭社

染付藤文キャセロール
明治時代
有田 香蘭社

染付藤文コーヒーポット
明治時代
有田 香蘭社

染付藤文砂糖壺
明治時代
有田 香蘭社

染付藤文ティーカップ&ソーサー
明治時代
有田 香蘭社

立花家史料館
提供: ストーリー

公益財団法人立花財団
立花家史料館

参考文献
宮原香苗 「洋食器」『柳川の美術Ⅱ 第四章立花伯爵家時代の美術』 柳川市 平成19年

展示制作
植野かおり(立花家史料館)

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール