点と線が混じり合う多様な色彩模様

マドレー染
いくつかの色糊を攪拌して多様な模様を表現する染色技法“マドレー染”。
明治時代の京都で発達した墨流し染の流れを汲む特殊な技法を応用し、布上に転写する”糊流し染”として大正時代に生まれました。
様々な道具とそれを使った攪拌方法によって生まれる無限の模様のバリエーション。
自然な線の流れが微妙に混じり合い融合する色彩は、他の染色法には見られない独特の味わいを魅せます。
道具
目指す柄に応じて櫛、弓、刷毛、ブラッシ、熊手状、棒状などの様々な道具を使用し、色糊を攪拌します。
色糊の調整
デンプン、米ぬか、塩を主原料とする友禅糊に染料を混ぜる。基調となる色を形成する地色糊、模様を浮き立たせる何色もの挿色糊を作成し、それぞれの粘度の調整をします。
地色糊置き
基調となる地色糊を板の上にゴム付の駒ベラで均等に伸ばす。糊の厚さや粘度は模様によって調整します。
挿色糊置き
柄色の中で主な色となる色糊を先に、アクセント色となる色糊を後にという順序で地色糊の上に置く。 それぞれの色糊の量は、模様と配色によって決めます。
色糊の攪拌
櫛や弓、熊手状の特殊な道具等を使い攪拌することで数色の糊が混ざり合い、様々な模様が形成。
生地へ転写
完成した模様の上に慎重に生地をのせ、色糊と生地を密着させる。
オガ屑撒布
模様が転写された生地を台から慎重にはがし、オガ屑を両面全体に均一にふりかける。
蒸し
オガ屑が付着したまま、生地についた糊同士が重ならないように注意しながら蒸す。
水洗い
色糊とオガ屑を水で洗い流すことにより、自然な線の美しい柄が浮かびあがる。
仕上げ
乾いた生地に熱をかけながら仕立てやすいように形を整えることで風合いが増す。
仕立て
デザインにあわせて裁断し、縫製することでドレスが完成。
柄のバリエーション
孔雀、観世水、矢絣、絞り、立滝、貝殻など多様な模様は、工程の中の挿色糊置きの配置と攪拌の方法の違いによって表現することができます。
今後の可能性
点と線が交わる数色の色糊と様々な道具を使用することで、自然の流れが生み出す無限の模様を映し出すことのできる“マドレー染”。着物や小物のみならず、洋装やインテリアなどの様々な用途にあわせたテキスタイルとして、幅広い分野での可能性を模索していきます。
京都女子大学 生活デザイン研究所
提供: ストーリー

【資料提供・協力】
株式会社マドレー

【監修&テキスト】
・日比野淳平

【映像】
・川原綾太郎(立命館大学

【協力】
・青木美保子(京都女子大学 准教授
・河村沙祐里 (京都女子大学生活造形学科

【サイト編集・制作】
・杉島つばさ(京都女子大学生活造形学科

【英語サイト翻訳】
・黒崎 美曜・ベーテ

【英語サイト監修】
・マリサ・リンネ(京都国立博物館

【プロジェクト・ディレクター】
・前﨑信也 (京都女子大学 准教授
・山本真紗子(立命館大学

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール