南部地方の玩具
藩政時代、南部地方一の宮である櫛引八幡宮境内では流鏑馬が行われており、その際に地方の優れた馬が奉納されていました。八幡馬は、この奉納馬を模して作られたもので、櫛引八幡宮の例大祭の際に、子供の玩具として境内で売られていたと伝えられ、その慣習は現在まで受け継がれています。
日本三駒の一つ
胴体は黒塗(鹿毛)、赤塗(栗毛)、白塗(芦毛)など原色を基調として鮮やかに彩られており、昔の花嫁の輿入れにみられた乗馬の盛装を模した模様が描かれています。日本三駒の一つにも数えられている代表的な郷土玩具です。
一つひとつ手作業
八幡馬の製造工程は、今でも一つひとつ手作業。角材から大まかに馬の形を切り出した後、表面をノミで整えます。
仕上げの面取り
表面をノミで整えた後は、仕上げに小刀で面取りします。
彩色前の八幡馬
胴体は黒や赤
八幡馬の胴体は、黒、赤、白など原色を基調として鮮やかに彩られます。
模様を描く
胴体には、昔の花嫁の輿入れにみられた乗馬の盛装を模した模様が描かれます。
パステルカラーの八幡馬
本来の八幡馬の柄は、赤・黒・白の3色を巧みに使いこなしたものですが、最近では、白をベースにしたポップなパステルカラーバージョンの八幡馬も生まれています。
By : 青森県
提供: ストーリー

青森県

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール