~立命館大学 京友禅着物プロジェクト~

着物と絵画
着物の特徴の一つは、その美しいデザインです。花や鳥などのモチーフ、伝統的な文様が染や織のさまざまな技法によって表現されます。ときに一枚の絵画に例えられることもあります。実際に、画家がデザインしたり、着物の生地に直接絵を描いた作品もあります。
《白地立命館R紋意匠伊藤若冲《雪芦鴛鴦図》模様手描友禅染訪問着》
この着物は、江戸時代の京都の画家・伊藤若冲の作品《雪芦鴛鴦図》をモチーフにして、手描き友禅の技法によって制作されました。原画のモチーフを着物の形にあわせて再構成しています。飾って美しく、また着て美しい姿になるよう、あえて背側の裾の中心に一番大きなモチーフを持ってくるなどの工夫がほどこされています。また、着物の地を染めず、白い生地の美しさが映えるよう、余白を多くとっています。今回はオリジナルの白生地を使用しており、よく見ると立命館大学にちなんだ小さな“R”紋が織り込まれています。
《銀鼠地立命館R紋意匠伊藤若冲《葡萄図》模様型友禅染訪問着》
この着物は伊藤若冲の《葡萄図》をモチーフにして制作されています。型友禅という技法が使われています。型友禅では、型紙をつかって反物に繰り返し同じ模様を染めていきます。着物を飾ったときに、葡萄と余白のバランスがよいよう、また着物を着た時に、葡萄の絵が出るように仕立ててあります。銀鼠地の生地に、墨のグラデーションで葡萄と葉を表現しています。
《白地立命館R紋意匠伊藤若冲《葡萄図》模様型友禅染着尺》
これは反物の状態の写真です。このように飾ると、掛け軸のように見えます。右下に描かれた蝶は、このプロジェクトのためのオリジナル・タグです。
立命館大学京友禅着物プロジェクト
この着物は立命館大学のプロジェクトによって制作されました。京都の工芸の現状の調査の一環として、京友禅の今を記録し、その特徴や課題を明らかにするというものです。制作の過程を動画や写真で撮影し、職人さんへのインタビューをおこないました。また、伊藤若冲のコレクターとして有名なエツコ&ジョー・プライスご夫妻のご協力を得て、ご夫婦のコレクションの作品を原画として使用する許可いただきました。

友禅染

友禅染は、多くの職人さんの手を経て完成します。それぞれの工程を各専門家が仕上げる「分業制」というシステムをとっているからです。高い技術を持つ職人が集まることで、より質の高い製品を仕上げることができるのです。

友禅の技法

今回は「手描き友禅」「型友禅」の技法による着物を制作しています。手描き友禅では、着物の下絵を青花で生地に描いた後、糊でなぞって防染します。糊筒のなかに糊を入れ、押し出しながら下書きの線をなぞっていきます。

色を付ける

糊で防染したあと、刷毛をつかって色を挿して(染めて)いきます。

友禅流し

余分な染料や糊を水で洗い流します。「水元」、いわゆる「友禅流し」の作業です。昔は鴨川や堀川などでおこなわれていましたが、環境意識の高まりにより、現在は工場内に設けられた人口の川で行われています。

仕上げ

最後に刺繍や金彩、補彩などをおこない、仕上げます。

モチーフの配置

型友禅は、型紙をもちいて模様を染めだす技法です。まず、モチーフの配置を考え、模様が途切れず繰り返しになるように図案を作成します。ひとつの模様を色別やパーツ別に分割し、何枚の型紙を制作するか決めます。

型紙制作

図案で設計した通り、型紙を彫っていきます。図案をカーボンで型紙に転写し、刀で模様を切り抜いていきます。複雑な模様は何十枚も型紙を使用します。今回は30枚の型紙を使用しています。

染める

生地を専用の台に固定し、その上に型紙を置いて染めていきます。濃淡を出す場合は、同じ型紙で何度も染めていきます。

立命館大学アート・リサーチセンター
提供: ストーリー

テキスト&編集:山本真紗子(立命館大学文学部非常勤講師)
資料提供&協力:立命館大学アート・リサーチセンターZONE きものデザイン研究所
写真(作品写真のみ):渞忠之
英語サイト翻訳: Eddy Y. L. Chang

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール