Virtually Inside HMS Cavalier

The Historic Dockyard Chatham

リチャード・カットランド (World of Warships) とダン・スノウ (Ballista Media) と一緒に、艦隊最速艦のヴァーチャル・ツアーに参加しましょう

機関室
ここは最下部甲板、艦の底だ。この下部区画にある機関室、ボイラー室、ギア室によって 2.5 t もの重さのこの艦は航行できたんだ。

機関室

HMS ラピッド (Rapid) との競争の空中撮影、このレースで HMS キャヴァリアは艦隊最速艦の称号を獲得した

HMS ラピッド (Rapid) との競争の空中撮影、このレースで HMS キャヴァリアは艦隊最速艦の称号を獲得した

艦橋
ここは艦橋、またの名をコンパス・プラットフォーム。露天だよ。 この天幕は、極東で使用されたんだろう。作戦行動時には収納されたはずだよ。北極船団参加時には、ここは酷い環境だったに違いない。

艦橋

HMS キャヴァリアの北大西洋地域の気象システムマップ

HMS キャヴァリアの北大西洋地域の気象システムマップ

作戦室
ここは本艦の目と耳、そして神経中枢でもある。この部屋は 1957 年の改装時の状態で、第二次世界大戦中にはより狭く、ソナーとレーダーの情報を統合する「戦闘情報室」と呼ばれていたんだ。

The Operations Room

HMS キャヴァリアの作戦室 (1960 年)

HMS キャヴァリアの作戦室 (1960 年)

指令室
ここは指令室、艦の戦闘中枢だ。ここにあるのは標的追跡用コンソールと、キャヴァリアの兵装のコントロール機器だ。ボタンを押しちゃだめだからね、リチャード!

Transmitting Station

訓練用魚雷の回収作業

訓練用魚雷の回収作業

"A" 砲
HMS キャヴァリアの元乗組員であり「HMS キャバリアとその乗組員」の著者バリー・ネルが、リチャードに "A" 砲を案内

HMS キャヴァリア元乗組員 (かつこの艦についての本の著者) のバリー・ネルによる "A" 砲の装填

インドネシアでの砲撃

チャタム・ドックで射撃を行う HMS キャヴァリア

スキッド・デッキ
HMS キャヴァリア退役軍人であり「HMS キャバリアとその乗組員」の著者バリー・ネルが、リチャードに対潜迫撃砲システム「スキッド」を案内

艦首から見た、対潜迫撃砲システム「スキッド」試験時の HMS キャヴァリア

前部乗組員食堂
本艦の前部のこの場所は乗組員食堂だ。あらゆる乗組員は特定の食堂に属していて、非番の時はここで寝起きしたんだ。すし詰めの鉄の箱の中で暮らすような気分を味わっただろうね。

アマチュアショー (Sod's Opera) に興じる乗組員たち

提供: ストーリー

Chatham Historic Dockyard Trust - http://thedockyard.co.uk

World of Warships - www.worldofwarships.com

VR Video Credits:
Richard Cutland
Dan Snow

Director - Luke Kneller
Producer - Matt Daly
DP - Kiryl Drazdovich
In memory of Vasya Loyko, our Cameraman

Historical Research - Ballista Media

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール