アンソロジー: ジン テオク、50 年のクリエーション

Seoul Design Foundation

韓国ファッション界のパイオニア、ジン テオクの作品を探る

ジン テオク、ファッションの詩人
哲学: ソウル市は、2016 年のソウル ファッション ウィーク期間に「アンソロジー: ジン テオク、50 年のクリエーション」展を開き、韓国のファッション デザイナー、ジン テオクのすばらしい作品を称えました。ジン テオクは韓国で最も著名なデザイナーであると同時に、韓国の現代ファッションにおける草分け的存在です。この回顧展では、詩的なシルエットの創作と布の細工という新境地を開拓した彼女の類まれなキャリアに敬意を表しました。この回顧展が開催されたのは東大門デザインプラザ。Vogue のインターナショナル エディター、スージー メンケスは「この MORE! の文化 – もっとサウンドを、もっとカラーを、もっとファッションを、もっと絶え間ないノイズを – の中で、ジン テオクは、半世紀にわたり、他にはない貴重なものを私たちに与えてくれた。落ち着いた、小さい、静けさの声を」と記しています。

ジン テオク

ジン テオクは、プレタポルテのデザイナーとしては韓国初のベテラン デザイナーです。また、英国の出版社 Phaidon で「20 世紀のファッション デザイナー」に選ばれた唯一の韓国デザイナーでもあります。「アンソロジー」展は、自然や日常の生活から影響を受けたテーマによる、ジン テオクのデザイナーとして 50 年にわたる経験の「詩」のコレクションです。

展覧会
200,000 個もの LED で作られたバラの道を経て、来場者たちは展覧会のメイン エントランスに導かれます。このセットデザインは建設現場から着想を得ています。「ジン テオクの作品は今なお進行中であり、前方には輝ける未来があります。次に何が出てくるかという期待を表現するため、私たちは建設中に使用される仮の補強構造を利用しました」(空間デザイナー、リム テヒ)。
血の赤
1999 年春夏: アーチェリーの伝統的な赤い衣装、現代的なデニムの文化的コンビネーション、ビジュアル的不調和

1999 年の春夏コレクションを着た 4 体のマネキン。ハル(활옷)用の服のラグジュアリー感とデニムの伸び伸びとした雰囲気がビジュアル的な不調和を生み出しています。伝統的な韓国刺繍と強く鮮明な色彩からなるジン テオクの服は、彼女のファッション史における重要な節目となりました。

現代的なベストの伝統的な刺繍

このベストには伝統的な韓国刺繍がモチーフとして使用されています。刺繍はすべて 1 針 1 針手縫い。色は生地の染色と脱色を繰り返して出来上がったものです。

レースのクリノリン

このベストと 20 年前に作られたクリノリン スカートとの完璧な組み合わせを見ると、デザインがいかにモダンで美的かがわかります。

民族衣装

韓国の伝統的な「ウェデイング ドレス」に似たこの服では、韓国刺繍をモチーフとして使用し、シルクサテンを使うことで東洋的なイメージを表現しています。手洗いを繰り返すことでビンテージの風合いを持たせ、血のような鮮やかな赤い色が使われています。

ラグジュアリー感とデニム生地を合わせることは、ジン テオクのファッション史の中で記憶に残る作品にもなりました。

少女
1995 年春夏: 少女と白いシャツとの組み合わせによる不完全さの中の完全さ、または未熟さの中の成熟

1995 年の春夏コレクションを着た 9 体のマネキン。ジン テオクの世界に常に存在しているのが女性らしさ、そしてもう 1 つが白いシャツです。彼女を彼女たらしめるこの 2 つの要素は、完全さの中の不完全さと未熟さの中の成熟という相反する美の具現化です。

ジン テオクのシグネチャ、白いシャツ

ジン テオクのシグネチャである白いシャツは、フェミニンな少女のシンボルです。

袖とシャツの縁にあるフリンジは白鳥の羽を思わせ、ジン テオクのシャツにのみ見られるカッティングのディテールとエッジで完全さと不完全さの矛盾を示しています。

オートクチュール

この白いシャツでは、オートクチュールの歴史の中でよく見られるビュスチェがモチーフとして使われています。異なるレース生地とさまざまな裁断技術を調和させて高級感のある豪華さと繊細さを表現しています。

静けさ
1994 年秋冬: 沈黙で表現されるモノトーンの静謐またはエレガンス、そして奥深くからささやきかけるシルエット

2014 年の秋冬コレクションを着た 4 体のマネキン。沈黙の音、夜の静謐、そして婦人の喪服です。繊細なレース、濃厚なモノトーン、水滴のパターンが、落ち着きとエレガンスを象徴しています。

アバンギャルドなケープコート

このケープコートは独特のラインとシルエットを示し、空間、落ち着きだけでなく、シャーリングのディテールをふんだんに使ってデザインを作り上げています。

地球
2000 年春夏: 長い時間をかけてすり減った石の層、木または曲線の年輪、風で作られる水の波のように重なりあう美

2000 年の春夏コレクションを着た 4 体のマネキン。ジン テオクのシリアスで確固たる美が、黒と白の生地をはさみで裁断したり、数百枚もの木綿を重ね合わせたりすることで、むき出しで表現されています。その結果として生まれたのが、建築的でもデザインの要素を保っているフォルムです。

120 層のモスリン

このオブジェは 120 層のモスリンをカットして作られたものです。多くの層からなるモスリンを大胆に裁断し、このドレスのシルエットのラインとサイドを表現することで地層の断面図を思い起こさせます。

数千年ものときをかけてすり減った砂漠の岩から着想を得た作品で、時間の流れと歴史の推移を表しています。

「美人図」のアンサンブル

この作品は 1997 年春夏コレクションで「美人図」を使用して東洋の精神を表現したもので、麻布や赤い紗などの韓国の伝統的な布が使われています。

韓国の著名な画家、申潤福の歴史画のプリントをプリーツ加工のスカート加えることで、韓国史に登場する美女の美しさを利用しています。

空気
2015 年春夏: 無重力の軽量感をクラシックなレースとハイテクのエアメッシュとの組み合わせで表現

2015 年の春夏コレクションを着た 7 体のマネキン。空気のように軽いコレクションで、ジン テオクは高級ファッションの世界にエアメッシュという素材を導入しました。メッシュとレースの質感のコントラスト、白とベージュのバランス、透明さと不透明さの並列性を使い、コレクションの現代化を図りました。

アンサンブル

この作品は、メッシュとレースの空気のように非常に繊細な生地で作られています。この生地を使って、ベージュと白のコントラスト、透明性、不透明性の調和を演出しました。

しずく
2005 年春夏: 繊細なメッシュとともにフォルムを作り、レースの上に流れるように散りばめられたビーズと、柔らかな霧雨のように落ちるフリンジ

2005 年の春夏コレクションを着たマネキン。朝露や子供の涙のような輝きを思わせるイメージで、ダイアモンドのように輝くビーズ、ショーガールの衣装に使用されるようなフリンジが使われています。これらのすべてのディテールがリズミカルにまとまって、ピュアな女性らしさを表現しています。

シルク ジャージー素材のタッセルドレス

このドレスはタッセルとプリーツを使って女性の優しさを表現しています。

夜明け
2013 年春夏: 明け方から朝につながる光の流れをクリスタルで表現した現代の韓国オートクチュール

色が移り変わるクリスタルで、光を美的なタッチで扱い、究極の女らしさ、ネオ ロマンティシズム、韓国のオートクチュール、精神の美を表現しています。

スワロフスキーのクリスタル ブラウス

スワロフスキーのクリスタルの多様な色彩を、柔らかなメッシュ ジャージーとシルクメッシュの装飾として使用し、女性らしさと新ロマンティシズムを表現しています。

クリスタルと金のすべてのワイヤーを 1 本 1 本手で付けることで、氷のイメージを醸し出しています。この作品は韓国スタイルのオートクチュールと精神性を例示したものです。

1999 年秋冬: 影のシルエットのようなデザイナーの内面の深淵を表す黒のラブソディー

1999 年の秋冬コレクションを着た 5 体のマネキン。ジン テオクの孤独でほの暗い内なる自己を、夕暮れどきの気持ちと再解釈し、雲の巣のように繊細な綾織り素材に深い折り目を付けることで、先鋭的で力強いフォルムを完成させています。

そよ風
1999 年春夏: 薄い素材にステッチを刻み込むことで、肌に届く優しい風の爽やかさと感触を表現

1999 年の春夏コレクションを着た 6 体のマネキン。千鳥ステッチと洋服生地のステッチを使ったオーガンザから、肌が上品に出ています。そして、ジン テオク特有の作品に仕上げているのが、薄いオーガンザの層。これにより立体的なスタイルを完成させています。

アンサンブル

このオブジェとベストは、オーガンザの薄い層を積み重ねたものから作られ、立体構造をもたらしています。

このドレスは、シルクシフォンを何層も重ねたものから作られており、鳥の羽のアイデアが反映されています。

オーガンザの層からなるオブジェ

このオブジェはシルクのオーガンザ素材で、紙を重ねたようなスタイルです。手染めを繰り返すことで大理石の模様を再現しています。

また、1994 年秋冬コレクションのこの作品にはハンドステッチのディテールも使われています。

アンサンブル

このロングシャツはさまざまな種類の縫製手法を使って作られています。この手法のうち、キャッチ手法は 1999 年春夏コレクションの全作品のデザインにモチーフとして使用されています。

アンサンブル

2000 年秋冬コレクションのこの作品は、多くの層のシフォンを重ね合わせて地層を表現するために作られたものです。

「ジン テオクのデザインは詩のようだ」

- Vogue インターナショナル エディター、スージー メンケス

2002 年秋冬: パンチング(穴開け)のようなデザイナー的技巧のエッセンスと、黒革の上で星のように輝くビーズ

2002 年の秋冬コレクションを着た 4 体のマネキン。「普通」の形の皮に逆らうカットアウト技法は、職人魂への洞察を私たちに与えます。黒のジッパー、プラスチックのバックルとビーズを黒の革に足すことで、ジン テオクはファッションにウィットに富んだひねりを加えています。

Seoul Design Foundation
提供: ストーリー

提供
ソウルデザイン財団
ソウル
HANEZA CREATIONS
写真撮影: イ ジョンクン
ディレクター: ユイ ファン キム(K_note)
Seoul Design Foundation. All rights reserved.

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール