太古より伝わる錬金術は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の中心となる魔法です。この不思議な石はニコラス・フラメルによって生み出され、秘密裏にホグワーツに持ち込まれました。ハリー・ポッターの読者にとっては意外かもしれませんが、フラメルは中世のパリに実在した裕福な資産家(そして評判の高い錬金術師)であり、1418 年に亡くなっています。

'The ancient study of alchemy is concerned with making the Philosopher's Stone, a legendary substance with astonishing powers.'
ハリー・ポッターと賢者の石

'The Stone will transform any metal into pure gold. It also produces the Elixir of Life, which will make the drinker immortal.' Harry Potter and the Philosopher's Stone

「彼女は「ニコラス・フラメルは、賢者の石を作り出せた唯一の錬金術師よ!」と興奮気味に囁きました。」
『ハリー・ポッターと賢者の石』からハーマイオニー・グレンジャーの台詞

かつてニコラス・フラメルは、賢者の石を作り出すことに成功したと信じられていましたが、実際には中世のパリにおいて実業家として成功したにすぎません。『ハリー・ポッターと賢者の石』に登場するフラメルは、エリクサーのおかげで 665 歳もの長寿となっていますが、実際は 1418 年に他界しています。

この絵では、彼と妻のペレネレがパリでホーリー イノセント デイの祈りを捧げています。

古代の化学
伝説では、ニコラス・フラメルは賢者の石の作り方が書かれた貴重な文書を見つけたことになっています。その文書は、アブラハム・エレアザール師が書いた失われた文書を翻訳したものだとされています。この絵では、ヘビと冠を被った竜がそれぞれの尻尾を咥えるようにして円を作っています。これは、賢者の石を作るために不可欠な「主物質」と「普遍的な精神」の統合を象徴しています。

錬金術の本

『Splendor Solis(太陽の輝き)』
『Splendor Solis』は、最も美しい錬金術の本の 1 つです。『Splendor Solis』の著者は不明ですが、賢者の石を作り出したと主張しているサロモン・トリスモシンだと誤解されることがよくあります。

このページには、ラテン語で「自然界の 4 元素について質問させてください」と書かれた巻物を広げ、フラスコを抱えた錬金術師が描かれています。

『The Book of the Seven Climes(七気候の書)』
『The Book of the Seven Climes』は Abū al-Qāsim al-‘Irāqī によって書かれ、錬金術の例証に初めて焦点を当てた本です。al-‘Irāqī によれば、この絵は複雑な錬金術のプロセスを描いています。実際には、約 4,000 年前にエジプトを支配したアメンエムハト 2 世を追悼して建てられた古代遺跡の壁画を再現したものです。

提供: ストーリー
提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール