YSLヴィンテージの展示会紹介

日本服飾文化振興財団

日本服飾文化振興財団 展示会の紹介

ポーラ美術館で開催されたイヴ・サンローランヴィンテージの展示会
日本服飾文化振興財団では、約180着のイヴ・サンローランのヴィンテージを所有。主に1970年代初旬から1980年代初旬にかけてのアイテムを中心に、ファッション史の一部を彩るピースをそろえている。展覧会ではヴィンテージコレクションと現代のリアルクローズをミックスした、コレクション映像を公開。同時にイヴ・サンローランのヴィンテージをスタイリングした12体を展示した。
トルソーの展示
イヴ・サンローランのヴィンテージをスタイリングした12体のトルソー。

タキシードアンサンブル

サンローランの代表的なスタイルであるするスモーキング(=タキシード)。1966年サンローランは、この男性用タキシードをアレンジし、女性用のスーツを発表。女性のイヴニングスタイルの幅を広げた。こちらは、スモーキング(=タキシード)スーツとマスキュリンなロングコートを合わせたスタイリング。

サファリルック

サンローランの代表的なスタイルであるサファリルック。そのルーツは最も優雅な貴族のスポーツウェアにあり、サンローランはその機能性に優れているサファリジャケットをモードへと昇華させた。こちらは、同素材のシャツジャケットとパンツのセットアップを太いベルトでウエストマークすることで女性らしいスポーツスタイルを提案している。

サファリルック

サンローランの代表的なスタイルであるサファリルック。そのルーツは最も優雅な貴族のスポーツウェアにあり、サンローランはその機能性に優れているサファリジャケットをモードへと昇華させた。こちらは、サファリジャケットとエレガントな別珍パンツを合わせたカジュアルシックなスタイリング。

パンツスーツ

サンローランは60年代後半にパンツスタイルを積極的に提案。サンローランはもともと男性のものだったパンツスタイルを優雅で気品ある女性のためのスタイルとして仕立てた。

デイタイムアンサンブル

サンローランのパンツスタイルは男性的でありながら優雅で気品を感じさせる女性的なスタイルである。こちらは、メンズライクなダブルブレストのブレザーにボウブラスで女性らしさをプラスしたパンツスタイル。

デイタイムアンサンブル

ネップツィードスーツとベルベットのスキッパーを合わせたスタイリング。ベルベット素材を合わせることでクラシックなスタイルにモダンさをプラスした。

デイタイムアンサンブル

クラシカルなブラウスとスカートを合わせたスタイリング。スカートの太いウエストヨークをベルトを締めることでコルセット風に見せたアレンジがポイント。

デイタイムドレス

メンズライクな仕立てと女性的なアイラインのシルエットがポイントのダブルブレストのデイタイムドレス。

ロングイブニングドレス

ストレートラインのイブニングドレス。両脇と袖の大胆なスリットあきがポイント。

ロングイブニングドレス

異素材を組合わせたコンビネーションドレス。スカート部分の美しいドレープがポイント。

ロングイブニングドレス

大胆なバックレスのデザイとフロントのスリットがポイントのイブニングドレス。

ロングイブニングアンサンブル

ボレロとロングスカートをセットアップにしたアイラインシルエットのアンサンブル。さり気なく見えるボレロの赤の裏地がポ

フォトパネルの全容
ヴィンテージコレクションと現代のリアルクローズをミックスしたスタイリングフォトパネル。Red backは現代のリアルクローズとのミックス、Yellow backはヴィンテージコレクションのスタイリング。

ヴィンテージコレクションと現代のリアルクローズをミックスしたコレクション映像。

イヴ・サンローランのヴィンテージコレクションと現代のリアルクローズをミックスしたコレクション映像。ヴィンテージが持つ優雅で気品あるデザインやシルエット、流動感ある素材の素晴らしさを堪能することができ、同時に現代の気分も味わえるコレクションとなっている。

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール