未来の予測は古くから行われており、魔法の中でも最も難しいものの 1 つです。何世紀にもわたって、人々はさまざまな奇妙な方法で占いを行ってきました。その中には本当に馬鹿馬鹿しいものもありました。たとえば、『The Old Egyptian Fortune-Teller’s Last Legacy』によれば、お尻のホクロは男性には名誉を、女性には富をもたらすとか。

「ではあなたは、魔法の中で最も難しい占いを勉強することに決めたのですね。」
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』からトレローニー先生の台詞

A Chinese Oracle Bone
This humble-looking bone is the oldest exactly datable item in Harry Potter: A History of Magic. On the front, the diviners observed that nothing of great significance would happen in the immediate future. On the reverse is a recorded a lunar eclipse viewable at Anyang, China, on 27 December 1192 BC. Oracle bones were known historically as ‘dragon bones’, emphasising their magical qualities.

ヨークシャーの予言者
「ヨークシャーの預言者」とも呼ばれるマザー・シプトンについて詳しいことはほとんどわかっておらず、実在したかどうかも定かではありません。彼女の最も有名な預言は 1530 年のもので、ヨークの新しい大司教であるウォルシー枢機卿が遠くから街を見るが、決して街に達することはないというものです。その言葉どおり、ウォルシーはヨークの近くで逮捕され、直後に亡くなりました。

信じられないほど醜いと思われ、空中を浮遊できたようです。

「分厚くて黒い本を取りにハシゴを登った管理人は「ほら、ここにあるよ」と言いました。『未来の霧を晴らす』という題名のその本には、手相、水晶玉、鳥の内臓など、あらゆる占いの基本が記されていました。」
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

恋の呪文?
このタイの文献には、愛し合っているカップルは、悪魔の男性と天使の女性のカップルよりも幸せに暮らせると書かれています。19 世紀のシャムでは、人々は占い師(mor doo)に恋愛の相談をしていました。

これらの絵は、占星術に使用されていた中国の十二支の動物を示しています。

魔女の魔法の鏡
この鏡の持ち主だった魔女セシル・ウィリアムソンは、鏡を覗き込む際に「突然あなたの後ろに誰かが現れても決して振り返らないでください」と警告しました。

鏡を使った古代の占いはスクライングと呼ばれています。この言葉は「デスクライ」(何かを見つけ出す)という言葉に由来しています。

水晶玉

水晶占い
ジョン・メルヴィルは、水晶占いの人気が高まった 19 世紀にこの有名な本を書きました。彼は、月が満ちる期間にヨモギあるいはチコリを摂取することで身体の状態を健康に保てると主張していました。メルヴィルの主張がどれほどの人を救済したのかは不明です。

スメリー・ネリー
この水晶玉を所有していたペイントンの魔女「スメリー・ネリー」は、強い香水を好んだためこの名前で呼ばれました。彼女は、強い香りによって、将来を占う力を授けてくれる精霊に訴えることができると信じていました。「1 マイルも離れた風下でも彼女の匂いがわかった」と証言する人もいました。「満月に照らされたスメリー・ネリーと彼女の水晶玉はとても神秘的であった」と。月の水晶として知られている黒い地球儀は、ガラスの中で月の反射を読み取ることができるよう、夜間に使用します。

手相占い

手相
手相占いとは、手のひらの形やシワの線から運勢を読み取るものです。この陶器製の手のひらの模型は、手のひらと手首の重要な線と領域を示しています。このような手の模型は、1880 年代に初めて英国で教育用として製造されました。当時の有名な占い師としては、タイタニック号の沈没などを予言したウィリアム・ジョン・ワーナー(カイロ)がいます。

手相の読み方
この 700 年前の文献は、預言や占いの指南書です。ここに示しているのは手相の解説であり、右側には、手のひらを横切る線について「この線は愛情を表す」と書いてあります。中指と人差し指の間を走る垂直の線には幸運な意味がなく、「この線は血まみれの死を意味し、その線が指の真ん中に届くと突然の死が訪れる」と書いてあります。他の線は、病気や、勇気、謙虚さといった性格などを表します。

古代エジプトの占い師
エジプトの占いの手段を集めたと思われるこの冊子は、匿名の英国人作家によって編纂されました。内容は疑わしいものですが、ハリー・ポッターへの助言として「蛇と戦って打ち破る」夢を見たのなら「敵に勝利すること」ができると書かれています。手のひらだけではなく、身体のホクロも占いに使われます。たとえば、お尻のホクロは、男性の場合は名誉、女性の場合は富を意味します。

紅茶占い

「たくさんの奇妙なできごとが見える」
紅茶占い(Tasseography)とは、フランス語でカップを意味する tasse とギリシャ語で著述を意味する graph が合体した言葉で、ティーカップに入ったお茶の状態によって占いを行うものです。この占いは、ヨーロッパに中国からお茶が入って来た後、17 世紀頃に生まれました。

このカップは 1930 年代にイギリスで作られたものです。カップの内側には、茶葉を解釈するためのシンボルが一周にわたって描かれており、「たくさんの奇妙なできごとが見える」と書かれています。

紅茶占いの実践
「A Highland Seer」によって書かれた紅茶占いの指南書には、理想的なカップの形や大きさ、使用する茶葉などが詳しく書かれています。『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』では、トレローニー先生がハリーのカップに死を示唆する大型犬のグリムが見えたと告げています。この本では対照的に、カップに犬が見えた場合は、忠実な友人であることを示す良い兆候であると書かれています。

茶葉の形と意味
この冊子には、紀元前 229 年に中国の王女が行ったとされる占いについて記述されています。カップの中で紅茶の葉が作る形と、その意味をそれぞれ示しています。

一部の形、たとえば「あなたは見知らぬ人に出会うでしょう」(38 番)や「あなたは敵を作るでしょう」(42 番)などは区別が非常に困難です。逆に「海軍に興味を持つでしょう」(44 番)などは非常に区別しやすい形です。

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール