あけび蔓細工

青森の手しごと

材料は自生するあけび蔓
あけび蔓細工は、江戸時代の末に、岩木山麓の嶽(だけ)温泉で、湯治客への土産品として、付近の山々に自生するあけび蔓を採取して炭籠・手提げ籠などを作ったのが始まりで、明治以降には内外の展覧会をはじめ、広く海外へも市場が広がりました。
全てが手作業
全行程を手作業で行い、手間暇をかけて丹念に仕上げられたあけび蔓細工のもつ色合い、野趣豊かな手触り、並編みやこだし編みなどの多彩な編み模様は、落ち着きと自然の温かさを感じさせます。
妻胴張ホラ編み
アジロ編み
乱れ編み
By : 青森県
提供: ストーリー

青森県

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール